--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-30

ホカホカよさこい

なんてネーミングなんだろう
とてもやる気を感じない
みんなが見守るちばのよさこいの行く末
あ~ 終わったな と思う人もきっといるだろう。

ホカホカよさこい
ネーミングはメンバーが考えた
「ほかほか」
北国育ちの彼女にはピッタリの言葉
たったひとり 知らない土地で4年間を暮らし
始めたのはよさこいだった。
途中、挫折しかけたこともあったが
南部武士ゆずりの性格が彼女を支えた。
今年は彼女の将来を決める採用試験があった。
結果はみごと合格。
彼女は来年、千葉を去ってしまう。
寂しいがとても嬉しいことだ。

ちばYOSAオープンを船橋競馬場でやったのが5月
規模も似ているかも知れないが
ホカホカよさこいが同じような祭りになるはずがない。
積み上げてきたもの
よさこいチームにとって半年間がどれほどのものか
よく見てほしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

中身ではなく舞台の問題

おっしゃるように中身は格段に5月と違うでしょう。
舞神楽を筆頭に、各チームとも色んな場数を踏んで積み上げてきたのですから期待してます。
ドラマも一人一人あるのでしょう。

であるなら、なおさらのこと、最高の舞台、環境を作ってあげるべきでは?そうおっしゃっていたのでは?

トップとしては言い訳にしか聞こえないってことです。

演舞は楽しみにしています

>>あ~ 終わったな と思う人もきっといるだろう。

一度、中止にするとこの手のイベント復活は難しいのでは?

ホカホカしましょ☆

他にない、あったかいタイトル(*^ー^*)

この機会を与えてくださる関係者みなさまに感謝します。

本当にありがとうございます(┰_┰)

次に繋げていけるよう、
千葉のよさこいが根付くよう、
ホカホカな一日にしたいです。


よろしくお願いします(●^∀^●)

温かい気持ち

たとえ、どんなに小さな舞台であっても、どんなに小さなイベントであっても、演舞は、頑張りたい!500人のよさこい村でも、50人のよさこい村でも、演舞するのは、同じです!温かい気持ちで…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。