--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-25

船橋市民まつり

勉強が嫌いだったわけじゃないが
中学生ごろから勉強をしなくなった。
授業もあまり聞かないし、塾や復習することなんてありえなかった。
試験前になると
いつも仲良く遊んでいた友達も
試験勉強をしだし、普段は相手にしないまじめな奴に群がることが
恰好悪いと思っていた。
もちろんカンニングもしない。
こんなくだらない意地のせいで
テストの結果はいつも惨憺たるものだった。
当然、世の中のことなんかにも
まるっきり関心がなかった。

ひまつぶしに読んでたマンガも
金ばっかかかるわりにすぐ読み終わっちゃうから
面白そうな文庫本をと、赤川次郎を読んでいたら
友達に薦められて読みだしたのが司馬遼太郎の「竜馬がゆく」だった。
二十歳ぐらいのころかなぁ

それ以来
ずーっと俺の中に竜馬が居座ってしまった。
べつに竜馬みたいになってやろうとかじゃなく
ものの考え方や世の中の仕組みが
客観的に考えられるようになった。

評論することは簡単だ
思ったこと、感じたことを
もっともらしく話せばいい。
したり顔の奴はいくらでもいるからね。
でも、行動できる人材は希少な気がする。
邪魔することも簡単だ
揚げ足をとればいい。
それを行動できる人と勘違いしている奴もいる。

歴史は我々にいろんなことを教えてくれる。
単なる過去におこったことじゃなくて
歴史を知れば人間は同じようなことを繰り返していることに
きっと気づくだろう。

偉そうなことを言ったが
俺は勉強をしなかった自分に後悔している。
まだ、間に合う人は
今からでも歴史の本を読みましょう!

表題とは若干話しがずれてしまったが
どれもみんな通じている話しなんだ。

過去をふまえ将来を見通せる仲間がほしいなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

金崎さん

ご無沙汰してます。
大網の(だった)太郎です。中学生の時金崎さんに貰った龍馬の本、当時はよくわからず読んだけど、また読んでみようと思います~◎
毎回
ブログ更新楽しみにしてます~☆
またお祭り行きますね☆






太郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。