--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-19

東電

原発が依然として予断をゆるさない状態だが
今回の地震発生から見ていて歯痒さを感じてしまった。
まず、当日深夜に行われた初めての会見は保安院による釈然としない説明
それと、東電社長&役員による偉そうな態度による会見。
この2つの会見がとても良くなかったような気がする。
ニュースでは予備の発電機が作動しない電源がないと言っていたが
発電所なのになんで電気がないってことになるの?と思わせる報道になってしまった。
津波の破壊力は発電所でも同様、重大な損害を与えたことだろう。
津波による被害をまず報告し、原子炉を冷やしきれない状況を報告するべきだった。
たかが水を貯められないのか?と不思議かも知れないけど
あれだけの設備を復旧させるのは簡単ではないはずだ。
事故は必ず起こるものだが
対応マニュアルは現実的ではないものが多い。
今回の事故で被曝による死者を出さなかったとしたら素晴らしいことだと思う。
映画のアルマゲドンのようなことが現場では繰り広げられていたかも知れないが
それは後のはなし。

避難している人達は大変だと思う。
残してきた生き物たちはどうしているんだろう。

歴史は繰り返えされているってことを忘れちゃいけないんだ。

個人的に
テレビは重要な情報源だけど
ACのCMをなんとかしてほしい
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

よさこい始めたいです!

私の中では3年前から暖めていた計画です。
大多喜をもっと元気にしたいのです。
今具体的に動き始めました^^。

先日ハーブガーデンで、モリザネさんとコイデさんにお会いしました。

これからいろいろお世話になるかと思います。
よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。