--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-26

喧嘩上等 論ずるよりも利

自分の考えを主張できる人間が少なくなったような気がする。
ほんとのところは考えがなくなったわけじゃなく
意見をぶつけ合うことを避ける傾向になってしまったか?
今の時代、喧嘩もできなくなった。
人を殴ればただじゃ済まないし
大人ならずとも子供まで喧嘩をしなくなった。
小学生ぐらいならぶん殴ったって
タンコブや鼻血出すぐらいの怪我で済むし
その時期にそういう経験ができないから
体が大きくなってからキレたり
喧嘩のルールがわからないから
殺しちゃおうなんて考える奴が現れる。

そこで、力に取って代わったのが言葉である。

コミュニケーションは全て言葉でやらなくていけない。
ちょっとひっ叩けば済むようなことも
言葉を尽くして諭さなくちゃいけない。
こうなってしまったのも
力の使い方がわからない人が
加減を知らないで大きな怪我をさせてしまったり
過って殺してしまったりしたからなんだろう。
いつかきっと体罰が考え直される時がくると思う。
その時は学校とかに何人か体罰をしていい先生がいて
痛いけど怪我にならない叩き方や加減を習得した人に
免許があったりして (~_~;) そんわけないか

話しは主張に戻って
考えを議論したところでもし勝てば相手の名誉を奪うことになるよね。
相手は、たとえ議論で言い負かされても考えをそう簡単に変えないだろし
言い負かされたことによる結論は言い負かされた恨みだけ残る。

そんな経験を数多くしてきて
答えを持った人と議論することのバカバカしさを感じている。
人を動かすのは結局は理屈よりも利なんです。
それと嫉妬や妬み、恨みも人を動かすよね。 いちおう愛もね♪

「あなたの為に」なんて言ってくる人にろくな人はいませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。