--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-26

殺処分

死を目前にした牛達

この映像は見ない方が良いかも知れない。

見た人はどんな思いになるんだろう
かわいそうと思うか
怒りを感じるか
ペットや家畜も同じ生き物
しかし現実は人間と同じように扱われていない

俺はこの映像を見てまず怒りを感じた
このままに放置した主
放射線問題を引き起こした人達
なにもしない行政
だけど怒りはすぐに憤りに変わった。
全てが必然ということに気がついた。

なぜ牛達が…
物でしかない牛達は商品価値がなくなれば用無し
そもそもペットではないから生かしてはおけない
人のためにある命
そう割り切らなければこの仕事はきっとできないだろう。
下した決断は「殺処分」 最近よく聞く言葉だ
次に原発
確かに人が作ったものだから人災かも知れない
でも、多くの人がそれを受け入れてきたはず
限りなく小さかったはずのリスクは
最初からあったのは間違いない。
これは誰かのせいにしちゃダメなんだと思うことは間違いか?

なにもしないのは行政じゃない
決定機関が機能さえすれば行政は動ける
政治家の批判ばかりして
お互いに揚げ足取り合っている間に時間だけが経過してる。

罪もなき命が今も消えている
牛達よ
殺処分ってなんだ?

俺はただ憤るしかできない
スポンサーサイト
2011-04-10

イベント

久しぶりのイベント
船橋のアンデルセン公園
たくさんのお客さんがいた。

こんな気分でやっていいものか

演舞がはじまってしばらくすると
不安が吹っ飛んだ。

空気を動かせば
なにかが変わる。

可能性が広がったような気がした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。