--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-13

地震

すごいことになってしまった。
テレビではこのニュース一色
俺のできることと言えば
地震発生時からリアルタイムで放送される
現場の惨状をただ見守っているしかない。

たまたまその前日、宮城県人を泊めて
朝早く新幹線で仙台へ帰って行った。
その後、連絡が取れなくなったので心配だ。

死者、不明者がどんどん増えてゆく
あれだけの大津波
海岸地域の人口から避難民の人数を差し引くと
かなりの犠牲者になってしまうだろう。

原発も心配だ。
放射能レベルは高くないと言うが
その割に近隣で放射能を浴びてしまう住民がいるってことは
田んぼや畑は大丈夫だろうか?

被害にあった映像を見る限り
復興するのは大変だと思う。

命からがら逃げ切った住民のインタビュー
いかつい顔のいいおとっつぁんが
話しながら涙を流してる姿に胸が詰まる。
アメリカの空母や海外の援助隊が駆けつけてくる
なんとか役に立ちたい、ひとりでも助けたいという
気持ちを考えると目頭が熱くなる。

海に流された大量の漂流物は
この先何年も太平洋の船の航行を脅かすだろう。

この現実を前に
ため息ではなく
大きく深呼吸して
なにかできることをはじめたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。