--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-24

まさに現実


http://www.youtube.com/watch?v=Yd_yHMDt1Sk&feature=player_embedded#at=15
被災地の現実

震災の映像をたくさん見たけど
この映像だけはみんなに知ってほしい
2度と見たいとは思わないかも知れないけど
2度と忘れることはないと思います。

人はひとりで生きているんじゃないって事を痛感します。
スポンサーサイト
2011-03-21

ごん狐

ごん狐

日本の教科書は素晴らしい
2011-03-19

東電

原発が依然として予断をゆるさない状態だが
今回の地震発生から見ていて歯痒さを感じてしまった。
まず、当日深夜に行われた初めての会見は保安院による釈然としない説明
それと、東電社長&役員による偉そうな態度による会見。
この2つの会見がとても良くなかったような気がする。
ニュースでは予備の発電機が作動しない電源がないと言っていたが
発電所なのになんで電気がないってことになるの?と思わせる報道になってしまった。
津波の破壊力は発電所でも同様、重大な損害を与えたことだろう。
津波による被害をまず報告し、原子炉を冷やしきれない状況を報告するべきだった。
たかが水を貯められないのか?と不思議かも知れないけど
あれだけの設備を復旧させるのは簡単ではないはずだ。
事故は必ず起こるものだが
対応マニュアルは現実的ではないものが多い。
今回の事故で被曝による死者を出さなかったとしたら素晴らしいことだと思う。
映画のアルマゲドンのようなことが現場では繰り広げられていたかも知れないが
それは後のはなし。

避難している人達は大変だと思う。
残してきた生き物たちはどうしているんだろう。

歴史は繰り返えされているってことを忘れちゃいけないんだ。

個人的に
テレビは重要な情報源だけど
ACのCMをなんとかしてほしい
2011-03-13

地震

すごいことになってしまった。
テレビではこのニュース一色
俺のできることと言えば
地震発生時からリアルタイムで放送される
現場の惨状をただ見守っているしかない。

たまたまその前日、宮城県人を泊めて
朝早く新幹線で仙台へ帰って行った。
その後、連絡が取れなくなったので心配だ。

死者、不明者がどんどん増えてゆく
あれだけの大津波
海岸地域の人口から避難民の人数を差し引くと
かなりの犠牲者になってしまうだろう。

原発も心配だ。
放射能レベルは高くないと言うが
その割に近隣で放射能を浴びてしまう住民がいるってことは
田んぼや畑は大丈夫だろうか?

被害にあった映像を見る限り
復興するのは大変だと思う。

命からがら逃げ切った住民のインタビュー
いかつい顔のいいおとっつぁんが
話しながら涙を流してる姿に胸が詰まる。
アメリカの空母や海外の援助隊が駆けつけてくる
なんとか役に立ちたい、ひとりでも助けたいという
気持ちを考えると目頭が熱くなる。

海に流された大量の漂流物は
この先何年も太平洋の船の航行を脅かすだろう。

この現実を前に
ため息ではなく
大きく深呼吸して
なにかできることをはじめたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。