--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-03

嘘つきは泥棒の始まり

平気で嘘をつく人は、盗みをすることさえ悪い事だと思わなくなってしまうということ。らしいが
俺の知る限り人は嘘をつく。
つきたくもない嘘のせいで困った経験があるだろう。
嘘はそもそもありもしない話しだから
つじつま合わせが大変だ。
嘘に嘘を重ねていったら嘘つきと呼ばれるようになる。

正直に生きられれば楽なもんだ。
人の社会で生きてゆくにはそれも難しい。

小学生の時。
馴染みの釣具店で話に夢中になって代金(300円)を払い損ねた。
帰り道、気がついたんだけど
なぜか戻ることが出来なかった。
その後、その釣具店に行けなくなり
わざわざ遠い釣具店に行くようになってしまった。
このことは大人になるまで誰にも話せないで
ひとり嘘つきと泥棒になってしまった気になっていた。

大事にしていた人形があった。
それが突然無くなった。
ある日、いとこの家に泊まりに行くと
そこに無くなった人形があった。
聞いてみたがしらをきられて取り返すことができなかった。

嘘つきも泥棒も嫌いだ!

通知表の所見にはいつも明るく元気でと書いてあったが
俺ってほんとは地味だったかも知れない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。