--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-15

祈り

この話は俺個人の考えである。

終戦から65年経った。
戦争を体験していない俺らの世代は
この国で暮らしていると、日本は戦争に負けてよかったと思ってしまう。
65年間、平和が続いていると勘違いしてしまう。
日本が先進国になり得たのはアメリカのおかげと感じてしまう。
果たしてそうか?
日清戦争、日露戦争でたまたま勝ってしまった日本は
調子に乗って世界を相手に戦った。結果、敗れた。
そう思っている人はいないだろうか?
もし、戦争を回避できていたら今の日本はどうなっていたか考えてほしい。
まさか軍国主義が今でも続いていると想像しないことを願います。(^^ゞ

歴史の中で人々は抗争を重ね、勝者の都合によって塗り替えられている。
結果そのものは動かないが史実は新しい発見によって変わる。

毎年、この時期になると取り沙汰される靖国参拝問題
今からたった数十年前のこと
「靖国で会おう」と死んでいったとても多くの人々がいた。
死んでも魂は靖国に帰ると信じられていたからである。
是が非かは別として
誰であろうと参拝を干渉するのは不自然だと思う。

昔の日本人も馬鹿じゃない
欧米を相手に戦争をしたらどうなるかぐらいはわかっていたはず。
では、どうして戦争が起きてしまったか…

あなたが今の知識を持ったまま
この時代にタイムスリップしたとしても
歴史を変えるのは簡単じゃないと思います。
興味がありませんか?

先人を尊ぶなら
戦争反対を唱えるのなら
ぜひ自分でもう一度、史実を調べてみて下さい。

65年経っても、戦争はまだ終わっていませんから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。