--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-31

ちばYOSAKOI村が完成した~

ちばの乱舞曲「ちばYOSAKOI島」を作ってから数年が経った。
次作を作ろうと思ってはいたが、なかなか機会がなかった。
ある時、ちょっとした縁で知り合った稲葉氏(作曲家)は
こんな人に頼みたかった理想的な人物だった。
慣れないよさこいの曲ということで
何度も書き直しをして、ついに曲が出来上がった。
稲葉氏の思い
「ちばYOSAKOI島」同様に
多くの人に愛される曲になるといいな~と願っています。
とのことです。
そして、この曲に魂を吹き込んだ歌い手は歌手を目指す現役女子大生
千葉県出身の綾音(あやね)です。
それと舞神楽の歌姫ミホもいい仕事してくれています。
ミホは忙しい中、挿絵も書いてくれました。
気になる振り付けは舞神楽のゲンちゃんが担当。
かなり期待できるでしょ♪
どんな感じかは見てのお楽しみ

舞神楽の志摩さんがストーリーを書いてくれました。

「ちばYOSAKOI村」 ストーリー

千葉に「よさこい村」という村がありました。
青い空、あふれる緑の平和な村です。

「もっといい村にしよう! みんなの心が一つになることをしようじゃないか!」
村人たちが集まって、相談をします。
あ~でもない、こ~でもない…

ある意見が出されました。
それに対して、
「そんな簡単にいくわけないさ!」って始めからと諦める反対派。
「やってみないと、わからないでしょ!」という賛成派。

でも、とにかくやってみることに…。

何をすることになった、って?
こんな掛け声の元、みんなが集まったんです。

「みんな~、みんな。鳴子持ってるかい? 手に持って、鳴子をそ~れ、それ!」

そう。
村人みんなで、鳴子持って、踊ったんです。
理屈なんていりません。
老いも若いも、みんなで踊れば、心は一つ。
だって、ここは「よさこい村」ですもの。

はい、めでたし、めでたし♪


2日月曜日の公開練習は
舞神楽のマサルが講師をやってくれます。
チームの枠を超えていろんな人が協力して
くれたお陰でここまで来ました。
ここから先はみんなに関わって欲しいな~

そういえば今日は朝霞かぁ
暑すぎて怖い・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。