--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-11

今年の抱負

しばらくのんびりとしていたら年が明けた
なんともやる気がしない日々
それというのも
がんばってもあんま意味ないって感じたから

そんな時はなにもしないのに限ります。

だからといってただ寝ていたわけじゃありません

ただ、今年の抱負って聞かれたら
そんなものあ~ない
というのが今のところの答えかな

とりあえずちょいとやりたいこと見つけたから
ぼちぼち始動しますよ

スポンサーサイト
2011-11-14

もう1回踊らせて

昨日は今年を締め括るお祭り「おみがわYOSAKOIふるさと祭り」が行われた。
8席のファイナルステージを目指し各チームがマジ演舞をする。
スタート地点ではここに至る今までを思い出すことだろう。
苦労してがんばって来た日々の事や
練習が思うようにできなかったこと
うまく踊れないメンバーを心配しながらここに立っている。
どんなチームだって自信なんてない
ただ思いっきり声を出して懸命に演舞するだけ。

審査は無情だ。
そんな背景なんて関係なしにその時の演舞を審査する。
こんなにがんばってきたのに・・

なにが足りなかったんだろう

その答えはそこらじゅうにある
でも、自分で探そうと思わなければ見つけられない

世の中も無情だ。



2011-10-31

たまには書くか

ちばYOSAKOIが無事に終わりました。
今回はあれこれ言うよりやってみようということで
いろんな面で覚悟を決めての開催だった。
残念ながら少し雨に降られてしまったが
大きな事故や怪我もなく無事に終えたことでホッとしました。
それにたくさんの感動があった。
今年のテーマは「いにしえ」
17年前のセントラルグループの踊りは
今も通用する魂を揺さぶる演舞だった。
人とのつながりが
こんなにも頼もしいと感じられたのは
ここまで諦めなかったからだと思っています。
ひとりでは大したことできないのに
すごいよ 人って
2011-07-25

船橋市民まつり

勉強が嫌いだったわけじゃないが
中学生ごろから勉強をしなくなった。
授業もあまり聞かないし、塾や復習することなんてありえなかった。
試験前になると
いつも仲良く遊んでいた友達も
試験勉強をしだし、普段は相手にしないまじめな奴に群がることが
恰好悪いと思っていた。
もちろんカンニングもしない。
こんなくだらない意地のせいで
テストの結果はいつも惨憺たるものだった。
当然、世の中のことなんかにも
まるっきり関心がなかった。

ひまつぶしに読んでたマンガも
金ばっかかかるわりにすぐ読み終わっちゃうから
面白そうな文庫本をと、赤川次郎を読んでいたら
友達に薦められて読みだしたのが司馬遼太郎の「竜馬がゆく」だった。
二十歳ぐらいのころかなぁ

それ以来
ずーっと俺の中に竜馬が居座ってしまった。
べつに竜馬みたいになってやろうとかじゃなく
ものの考え方や世の中の仕組みが
客観的に考えられるようになった。

評論することは簡単だ
思ったこと、感じたことを
もっともらしく話せばいい。
したり顔の奴はいくらでもいるからね。
でも、行動できる人材は希少な気がする。
邪魔することも簡単だ
揚げ足をとればいい。
それを行動できる人と勘違いしている奴もいる。

歴史は我々にいろんなことを教えてくれる。
単なる過去におこったことじゃなくて
歴史を知れば人間は同じようなことを繰り返していることに
きっと気づくだろう。

偉そうなことを言ったが
俺は勉強をしなかった自分に後悔している。
まだ、間に合う人は
今からでも歴史の本を読みましょう!

表題とは若干話しがずれてしまったが
どれもみんな通じている話しなんだ。

過去をふまえ将来を見通せる仲間がほしいなぁ
2011-07-23

祭りだ!

祭りがはじまる。
俺の地元船橋でも明日、市民祭りが行われる。
小さい子供のころは山車を引っぱってお菓子をもらってた。
大人たちが神輿を担ぐ姿を見て、大人って大きいなって感じたなぁ
小中学生の頃はあんまり興味無かった
たまに行って露店で買い物したり
金魚すくいやったりしてた。
色気づいてきた頃は出会いを求めて・・
でもなぜかいつもトラブルに巻き込まれ。。
大人になってからは興味も薄れた。
道が渋滞して迷惑だな~って思ってた
そんな祭りの思いでがある。
人でゴチャゴチャしている所が嫌いだ。
そんな俺が今は祭りをやっている。

今年のお祭りはどこも夜を自粛して
縮小傾向にある。
我々よさこいはその影響をモロに受けてしまう。
そう、お祭りの中ではまだ新参者だからね。
人気はあると思う。
だからといって特別扱いしてもらうわけにはいかない。
人が集まる場所にはそれぞれの「我」があって
会議なんか出るとそれを主張し合っている。
それを見るのがとても気分わるい。
主張しなければ損をする。
これ現実。
物分りの良い者は損をして
あきらめるか
ひがみっぽくなるかのどっちかになってゆく。

人が集まる場所で俺たちがすること。
「我」も使いようだって・・
踊り子達ひとりひとりの表情を見てやって下さい。
これだけは言葉で表せないから
どうか見てやって下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。